高岡の和菓子は、加賀藩主前田利長によって高岡が開場された際、鋳物や漆の職人たちとともに、和菓子職人も呼び寄せられ高岡の商人文化のもとに開花しました。以来、その伝統を守りつつ、現在まで繁栄を続けています。

高岡和菓子探訪に出かけてみませんか。
ひと味ちがういい旅みつけに。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【江出乃月】(志乃原)
越中銘菓「江出乃月」は、安政年間3代目当主の創案による銘菓で、以来高岡の歴史とともに愛され、親しまれてきました。
有磯の海(富山湾)のさざ波に、あたかも漂うがごとく照り映える満月の風情に心ひかれた当主の雅びな心を偲ばせる名作です。
 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【鹿の子餅】(不破福寿堂)
鹿の子餅の誕生は明治22年にまでさかのぼります。加賀藩の重要産物であった羽二重の絹のやわらかさをモチーフに、県内でとれる新大正もち米に、卵白とみつ漬けした金時豆が主原料です。柔らかな中にも角がすっきりと出てこしのある歯ざわりが特長の淡白で高雅な風味の銘菓です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

【とこなつ】(大野屋)
万葉ゆかりの地でもある高岡は、これに由来する和菓子も多く誕生しています。
「立山にふりおける雪をとこなつに見れども飽かず神からならし」という歌人大伴家持の歌に因んで創られたのが銘菓「とこなつ」です。
精選した備中白小豆餡を求肥でくるみ、和三盆糖を雪に見たてて降りかけてあります。
 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

■ その他の銘菓 ■

●雪牡丹(中尾清月堂)
●反魂丹(美都屋)
●万葉歌枕(永楽堂)


●千代くるみ(越村百味堂)
●梅園(引網香月堂)
  


   高岡和菓子探訪コース(約2時間)
 
当館発の高岡和菓子探訪コースです。

当館  高岡大仏 
 高岡古城公園  志乃原(江出乃月) 金屋町(銅器発祥の地) 土蔵づくりの家  大野屋(とこなつ) 瑞龍寺 不破福寿堂(鹿の子餅) 当館

それでは、皆様のお越しを心よりお待ち致して居ります。







日本観光旅館連盟 ジャパニーズ・イン・グループ会員
〒933-0034 富山県高岡市大仏町75
TEL:(0766)21-0075 / FAX:(0766)22-0075
E-mail: buddha@p1.coralnet.or.jp