BACK NUMBER

2006年1月号

対談

「誠実さ」がよい会社をつくる
秋山をね氏 (株)インテグレックス代表取締役社長
西崎哲郎氏 KFi(株)会長


今年「実業之富山」は創刊六十周年を迎えるのを機に一年間、国の在り方、社会の在り方、経済の在り方を考えていくことになった。そのトップバッターとして、今盛んに言われているコンプライアンス、CSR(企業社会責任)、SRI(社会責任投資)を推進する仕事をしている秋山さんを招いた。今でこそCSRやSRIについて耳にする機会が増えたが、秋山さんの会社はその草分け的存在である。

60周年企画

占領期の地方出版と「実業之富山」―プランゲ文庫の資料から読み解く検閲の実態
第1回 プランゲ文庫訪問

戦後の数年間、小誌をはじめすべての刊行物がGHQの検閲を受けていたことはあまり知られていない。その一方、全国各地で雑誌が創刊され、百花繚乱というほどの雑誌文化が花開いた。検閲と雑誌文化の興隆という、二つの相反する動きがみられた占領期とはどういう時代だったのだろうか。

今を生きる

三大霊山「立山学」を構築、世界へ発信
福江充氏 文学博士・富山県立山博物館主任学芸員

業界の今、を探る スーパー銭湯―異業種が続々参入、県外資本も

文化・社会レポート 流れを読む―小説おそるべし 九段

最前線の研究現場から―富山の産学官共同研究

環境に負荷かけない超音波接合技術・松岡信一富山県立大学工学部機械システム工学科教授/複雑な光の道を追跡するソフト・田代発造富山大学工学部機械知能システム工学科助教授

最近の講演会より 「21世紀のR&D経営一知の創造への期待」 三菱電機(株)役員理事・先端技術総合研究所所長 久間和生氏

特集 平成18年に節目を迎える県内企業

情報ファイル

【新社長】ニッコー・吉田誠氏/勝星産業・門口克比古氏/高岡市・新市の発展と飛躍を誓う/YKKグループ・黒部事業所を「頭脳集団」化/タカギセイコー・高岡に自動車用金属プレス工場、インドネシアに合併新会社/アルビス・中期計画で経常利益30億円目標、直営出店を加速/北日本放送・ワンセグ放送を4月に開始/ゴールドウイン・企業防衛策へ特別委員会を設置/インテック・日伝・山善新会社にシステム提供/高岡南部地域活性化推進協議会・越中高岡もてなし料理コンテスト/西武富山店・今期赤字に転落、3月末撤退へ/県内設備投資動向調査・製造業は2年連続2桁増と堅調/富山第一銀行・売掛債権一括決済システム/トナミ松寿会・特定NPO法人などに乗用車寄贈/ほか

シリーズ 企業のイメージアップ戦略〜ビジネス・マナー編 山川ひろみ

研究余滴 越年フィールドワーク 岡田敏美

ムシできぬ虫 恩を忘れぬ―イヌ 上村 清

とやま食日記 正月にコロッケ 寺嶋圭吾

エッセー

故郷を触れて35年 改めて「あり難さ」を想う  大田弘
中越大震災と地域社会の力 高橋正樹
がん手術―11回後の今も元気な患者に学ぶ 田澤賢次
モノづくり七大ニュース 橋本久義
執念深い(?)アフリカの神様 池田勝也
記憶の中のクラシック音楽 市井喜博
富山県出身であることの喜びと誇り 前里耿一
小さな美術館の展覧会の現場から 魚津章夫
富山を想う 今堀勝
テキサス共和国 日出島恒夫
戌の遠吠え 田中英文
富山、大いなる繭 中野幹隆

作家からのメッセージ 表紙作品 中島通善

復刻随筆 林良衛
人とことば 稗田菫平
写真 一ノ谷敏治

■ひと・往来
■郷友人事抄
■県内人事
■インフォメーション
■聞きたい・聞きたくない