BACK NUMBER

2008年1月号

特集

「富山薬膳」一全国ブランドの産業資源に
健康と癒し求めて全国からツアー客

和漢薬研究の蓄積に裏付けられた「富山ならでは」の、おいしい薬膳料理が起爆剤となって、内外から「薬都」富山に人を呼ぶ。食事だけでなく、県内の各施設や観光地などで体の健康や心の癒しについて楽しみながら体験し、学ぶことができる一大エリアを富山県に創出するのである。それは富山の薬業や観光の振興につながり、健康、食事、リラクゼーションなどの関連産業の集積を刺激する大きな波及効果を生みだすはずである。

データ

平成20年に節目を迎える県内企業

編集長インタビュー

中国なしに成り立たない日本
藤野文晤氏 (財)新世紀産業機構環日本海経済交流センター長

中国経済の行く末についてはさまざまな見方がある。環日本海経済交流センター長の藤野文晤氏は、中国が発展を続けることは疑いようはなく、その中国なしに日本は成り立たないと断言する。伊藤忠商事時代、日中国交正常化以前から中国ビジネスを牽引してきた藤野氏。中国という国と長く、深く付き合ってきた経験を踏まえて、今後の日中関係の在り方と、その中で環日本海地域、とりわけ富山が果たすべき役割を説く。

生々流転

医薬品に集中再生し、富山から海外目指す
笹山眞治郎氏 ダイト(株)社長

ダイトに勢いがついている。十七年の薬事法改正に伴う受託生産の拡大と国による後発医薬品(ジエネリック)の使用促進策が追い風になっているものだ。ダイトは配置家庭薬の原料を生産する一方でセメント、建材などを扱う商社として発展してきたが、平成に入ってバブル経済の崩壊とともに売上げの落ち込みを余儀なくされていた。笹山が社長に就いて決断したのは、セメント事業から撤退し、医薬品に集中特化するための事業再構築であった。さらに受託生産拡充に向けた体制を整備強化することであり、そうした積極姿勢が奏功したといえる。

今を生きる

針一本に繊細な感性と熟練の技
大引毅代史氏 ケンシン工業(株)製針作業担当、氷見キリス協会牧師

エッセー

今ふるさとに学ぶこと 北條正樹 (株)ダイフク副社長
名古屋にあって富山をおもう 石黒大山 東海テレビ放送(株)会長
経営雑感 伍香秀明 東芝三菱電機産業システム(株)社長
未来の想像 岡田誠一 日本ゼオン(株)常務取締役執行役員高機能事業分野管掌
上質の運用サービスを使命に 谷口幸四郎大和証券(株)常務取締役SMA本部長
気がつけば、東京生活40年 折井 章 蛇の目ミシン工業(株)第一研究開発本部副本部長
「品格」つて、構網に必要か? 森棟隆公 スポーツライター
ものづくり中小企業の景気は 橋本久義 政策研究大学院大学教授
「子年」のおしゃべり 田中英文 環境福祉研究所主任研究員

流れを読む 野村克也という人生 九段

最前線の研究現場から―富山の産学官共同研究

産業用リチウムイオン電池の実現へ・富山県立大学工学部機械システム工学科平井敏郎教授

新会社法講座 株式会社経営機構のしくみ(10) 中島史雄

最近の講演会より

「富山県の寺院と宝物」 富山県立大学工学部教養教育准教授 原口志津子氏

フロンティア

中善工業(株) クレーンから航空機まで、大型製品を高精度加工

今月のトピック

(株)パソロジー研究所 富山大発、医学系ベンチャー設立・病理検査の現場に変革起こす

情報ファイル

YKK AP・上海に中核販売会社設立し、製販の地域事業体制確立/イセ食品・中国で「高級・安全」卵を生産販売、最大手目指す/朝日印刷・化粧品包材の専用工場を新設、産業観光も/生産技術・レンタル機器保有12000台に、12行の協調融資で41億円調達/YKK・カルテル制裁金減額求め提訴/タイワ精機・中国市場へ業務用店頭精米機、地元企業と総代理店契約/インテックHD・TISと4月1日に経営統合、独立系で5位に/北陸電力・石川県志賀町で大型風力発電所/トナミ運輸・子会社2社合併、IATA公認代理店資格も/高岡市・企業立地に頑張る市町村20選に/ブックレポート「羽場光明オレ流談話室」/ほか

ビジネスデータ

ニッコー/コーセル/北陸アルミニウム/日本海冷蔵

研究余滴 組織のトップは“賢き独裁者”たるべし 伊藤紀男

町の美術館裏方体験記 番外編 魚津章夫

ムシできぬ虫 ネズミ算一鼠 上村 清

とやま食日記 福袋の“福”を大切に 寺嶋圭吾

人とことば 富山の詩人群像(1)稗田菫平

写真 一ノ谷敏治

■郷友人事抄
■県内人事
■インフォメーション
■聞きたい・聞きたくない