BACK NUMBER

2009年1月号

特集

「地域シンクタンク」のすすめ
「内発型」の産業政策で活路を拓け一富山県の差別化戦略をどう描くか

富山県と各市町村は、激化が必至とみられる都市間競争に伍して生き残っていかねばならない。それはひとえに、富山県が将来に向けてどのような戦略と戦術を打ち立てるかにかかっているといえよう。そこで本誌は、民間の発想や知恵を取り込みながら、地域の実情を踏まえた住民本位の地域政策を立案していく一つの手法として「地域シンクタンク」の設立を提言したい。

データ

平成21年に節目を迎える県内企業

編集長インタビュー

ものづくり工場は人づくり工場
北條正樹氏 (株)ダイフク社長

生産工程や物流拠点では必ずものの保管・移動がともなう。高度化する産業界にあって、コストダウンと短納期化の鍵を握るとされるのがマテリアルハンドリングという分野である。ダイフクは昭和十二年創業の老舗にして、自動車生産ライン向け搬送システムは世界シェアトップ、自動倉庫も国内シェアトップと、世界的専業メーカーである。昨年四月、社長に就任した北條正樹氏(南砺市井波町出身)に搬送機器を通してみたものづくりの動向を聞く。

寄稿 日本の財産 長寿企業に学ぶ教訓 後藤俊夫

今を生きる

開発に終わりという終着点はない
沼田喜四司氏 (株)ゴールドウインテクニカルセンタ技術主席・現代の名工

エッセー

人生の転機と選択と努力 北茶山幸彦 ノーリツ鋼機(株)社長
三十四年間のトヨタ時代 宝田和彦 トリニティ工業(株)社長
私と窒化物半導体の研究開発 碓井彰 古河機械金属(株)研究開発本部長
世界文化遺産と重要文化的景観をめぐって 金田章裕 大学共同利用機関法人人間文化研究機構長
ウレアーゼ物語 その3 小橋恭一 竃山医科薬科大学名誉教授
チャンスを待とう。頑張れニッポン! 橋本久義 政策研究大学院大学教授
牛にまつわる話題一食の安全は「身土不二」 田中英文 環境福祉研究所主任研究員

流れを読む 政経同時混迷は改革のチャンス 霞九朗

最前線の研究現場から―富山の産学官共同研究

作業時間1/9に、配管量を自動見積もり・富山県立大学工学部中田崇行講師・ダイシン設備

新会社法講座 株式(2) 中島史雄

最近の講演会より

「プラズマが拓く未来」 名古屋大学大学院工学研究科教授 大野哲靖氏

次代を拓くフロンティア

(株)TMC 新素材「ガムメタル」で世界のインプラント市場に挑む

情報ファイル

富山第一銀行・普銀転換20年で長期経営計画/YKKグループ・黒部を技術開発の「総本山」に/広貫堂・呉羽南部企業団地で新工場/コマツNTC・NYヤンキース松井秀喜選手が福野工場を訪問/知能システム・癒しロボ「パロ」デンマークヘ/山田写真製版所・4年連続全国カレンダー展入賞/三協立山アルミ・生産ラインを射水工場に集約/「国際惑星地球年」行事で戸出喜信氏・パリ、ユネスコ本部で個展/YKKAP・大建工業・TOTO・超長期住宅先導的モデル事業に/トナミ松寿会・社会福祉法人へ福祉車両贈呈/中部経済産業局・新連携計画に北陸テクノ/黒部と八尾で農商工等連携事業/ゴールドウイン・間寛平アースマラソンにウエア/表紙写真・富山の鳥紹介/ほか

構浜美術館長谷川潔コレクション物語 最初の出会い 魚津幸夫

イラストエッセイ 「旅のひと」が見た富山(9) 都留泰作

陶遊つれづれ 中国景徳鎮「紅地白梅瓶」張暁杰作(現代) 折橋礼一

ムシできぬ虫 牛歩―丑年上村 清

とやま食日記 神様の御食事 寺嶋圭吾

人とことば 詩人の肖像(1)稗田菫平

写真 一ノ谷敏治

■県内人事
■インフォメーション
■聞きたい・聞きたくない