石川の銭湯・温泉

深谷温泉 元湯 石屋

国道359号線を砺波から金沢方向へ、県境を越えて道路沿いの看板を右折して約7kmにある温泉です。金沢側からだと、JR森本駅から車で10分です。この温泉は、1200年前の天平年間、行基菩薩により発見され、約700年前、日蓮聖人の高弟、日像上人によって薬効が世に紹介されたと伝えられています。江戸時代には加賀藩が藩をあげて開発、藩士や町家の人々に広く愛用されてきたとか。「石屋」先々代 二左衛門が作った加賀宝生流の能舞台もあり、まさに城下町金沢の奥座敷。大浴場、サウナ、露天風呂もあります。お湯はコーヒー色(強褐色)で、源泉はちょっと硫黄臭が。泉質は、ナトリウム-炭酸水素塩泉(弱アルカリ性低張性冷鉱泉)です。ナトリウムイオンが 363.9mmgも、体がなめらかすべすべになります(#^.^#) 入浴料は大人1000円、子供500円、ボディソープ、シャンプー備付、12:00〜20:00、駐車場50台。076-258-2133

トップへ戻る