ホームページの宣伝について

 自分のホームページを作成したからには、多くの人に見てもらいたいのが人情ですね。 でも、どんなに面白い役に立つホームページを作っても、どこにも宣伝をしなければ、誰もみてくれません。 これまでは、自分の知りたい情報をサーチエンジン(検索サービス)で探しておいでたかと思いますが、 今度はサーチエンジンに自分のページを登録して宣伝です。

 サーチエンジンのデータの収集方法には、人間の手でホームページのURLや紹介文などを登録していく Yahoo のような「登録型」と、「WWWロボット」と呼ばれるプログラムがWeb上のHTMLを収集し、 自動的にサーチエンジンのデータベースに登録していく gooのような「ロボット型」、そして、 Infoseek Japanの ような併用型の3種類があります。登録型では登録申請時にフォームにさまざまなデータを入力する必要があります。また、 申請したら必ず登録されるものと、YAHOOのように運営スタッフによって厳しくチェックされ、完成度の 高い特徴を持ったページでないとなかなか登録されないものとがあります。 ちなみにおいらの登録しているサーチエンジンページです。 地方の時代、最近はポータルたかおかなど 富山情報サーチエンジンも増えてきていますね(*^.^*)エヘッ。

 ページオーナーになったばかりの方は、登録型へは自分で納得できるページになってから登録するとして、 先ずは、登録が手軽なロボット型への登録を先行した方がいいかと思います。 登録は自分のURLを入力するだけ、ロボットがページのデータを収集してってくれるってわけです。 なお、ロボットが来たときのことを考えて、自分のページにMETAタグを記述しておくことで、 ページの情報やキーワードをロボットに知らせることができます。

《METAタグ記述例》
 <HEAD>〜</HEAD>のヘッダ部に、記述してください。
 下記の例は、富山弁変換マシ〜ンの場合です。

METAタグ

 「description」は、ページの内容の説明文です。CONTENT="○○○○○"の箇所にページの説明文を書きます。
 「Keywords」は、ページの検索キーワードです。CONTENT="○○○○○"の箇所にページのキーワードを書きます。 キーワードの間は、カンマで区切ります。

 「ホームページのアクセスが増える」ってことは、どういうことかしらん。 アクセスカウンターがブンブン増加していけば、たしかにちょっと優越感にひたれます。 でも、アクセスが多いページであればいいってものでもないと思うんですよね。 アクセスを増やすテクニックは手段ではあっても、目的ではないわけです。 ページオーナーの喜びは、自分なりの情報を発信することで、いろんな人との出会いがあることじゃないかしらん。 通りすがりの百人の訪問よりは、思い入れをもっての一人の訪問があまりに嬉し過ぎる・・・・・(爆)。 以上、おいらの独り言なり(^^;; ヒヤアセ。

ホームページの宣伝に役立つページ

サーチエンジン一発登録・一発太郎 国内25箇所のサーチエンジンに一発で登録
Web 交差点〜登録できるサイト一覧 登録できるサイトの一覧情報が充実しています。
Access向上大作戦 仲間を増やす、出会いのきっかけを増やすためのアクセス向上とは。


【ホ−ムペ−ジ制作の基礎の基礎(HTML入門)へ戻る】