直線上に配置
スノボマンyonetch
ひょんなことからボードにハマる。
いつかハーフパイプデビューをめざして...
直線上に配置
[プロフィール][2000][2001][2003][2004][2005][2006][2007][最新]
直線上に配置

【スノーボーダーyonetch】

●ニクのベルトを外すため、ひたすら励む。ボードは娯楽ではない。エクササイズのイチ手段なのだ!(^^)●えー、『ハーフパイプ』はどーしたって?いや、結果的にそーゆーのもできるようにならんかな〜、と(^^;;;●季節モンなんでスミッコで...

2000.某月.某日 初体験
●スキーに来ました
斑尾高原(だったかと思う)にスキーに来た。雪国の出身だけに、中学時代のスキー教室以来、結構やりこんでいる。にしてもなー、この2,3年でのスノボ人口の増加は本当に著しい。よっしゃ、ココはいっちょレンタルしてチャレンジしてみるべー。
●スキーとは別物ですネ
うわー、全然立ってらんないぃ〜(T_T)。なんで両足固定してなきゃならんのじゃ〜。
●ご多分にもれず...
うわうわ〜、もうダメだ。両足はケイレンするワ、シリモチのつきすぎでシリは痛いワ(フツーに座るのもつらい)、腹筋や、腕までケイレンしてきた(転んで立つ時に多用しすぎたモヨウ)。
2001.某月.某日 一念発起
●フルセット購入
板、ブーツ、ビンディング、ウェアー、グローブ、ケツパッド(^^)。全て新品で購入。ま、何事も自分の道具がなきゃ中途半端になっちゃうしね。形から入るタチなのである(^^;;
●ゲレンデデビュー
マイボードでの初滑り。よっしゃ!2回目だから、去年よりマシだぞ... って、そんなに違うワケもない。結局最後は必殺の「木の葉落とし」になるのである(T_T)
●2時間後
例によって、各所ケイレン。もーダメ。それにしてもなぁ、2時間だぞ、たったの!それでもう立てないってのはアマリにも情けナイ... 初心者だから余計変なところにチカラばっか入ってってことはあるやろうけど...
●結局
このシーズン行ったのはこの1回のみ。はぁ〜(T_T)
2003.12.某日 2年ぶりに...
●センパイより
【ゴルファーyonetch】コーナーに登場するあのセンパイである。雪も降って、ゴルフシーズンも終了したってのに、電話が鳴る。なんの用じゃ?ってナニ?スノボしに白馬に行こう?はいぃ〜?これまたトートツな。
●大イベントなんやケド
まぁ、どーせヒマやし。連れてってくれるっちゅうんならお供しまっせ。で、他には誰が?何泊で?ナニ?2人だけ?日帰り?えー、だって白馬やろぉ?ワタシにとっての日帰りスキー(スノボ)ってのは下道1時間以内で着く最寄のスキー場でのことであって、県外まで行くのは当然お泊りコースだと思ってた。しかし、センパイにとっては(ワタシより遠くから来るくせに)その程度は日帰りらしい。
●とにかく行ってみた
高速飛ばして一路白馬五竜スキー場まで、片道2時間強。思ったより近いんやねぃ。2シーズンぶりのスノボである。さー、ココでイキナリトラブル発生。ゴンドラから降りてブーツを板に装着しようとしたら... どーがんばっても入らない。聞いたことないメーカーのステップインタイプだったんだけど... 結局それだけで20分かかった。バカでー(T^T)
●か、体が重い...
実は、この当時の体重88kgナリ。一昨年は75kg前後だったから、なーんか勝手が違う。まぁ、単にヘタってのはモチロンだけどさ(T_T)。つまり、重い分余計チカラが要る→消耗が早い→早々にダウン。結局、また2時間ぐらいしかもたなかったなぁ。白馬まで行ったのに(T_T)。
2003.某月.某日 ハマった〜
●思わぬ効果が?
前回、たった2時間でダウンしたにもかかわらず体重が1kgほど減った。おぉ!これはダイエットにいいのではないか?(^^) 体重を落としたいとは思っていたが、運動のための運動は願い下げだ。そんなん絶対に続くワケない。しかしスノボを楽しみつつ、結果体重が落ちるとしたら... 万々歳である。
●2週とおかず
マジで通いましたよ。最初はタカンボースキー場。ここは初心者むけの、斜度のあまりない広いゲレンデ。何よりリフト代が1日券3000円と安いのが特徴。ここでコソ練(陰でコソコソ練習すること、だそうだ^^)しつつ、ツキイチぐらいでセンパイと白馬へ。あ、新潟の焼額ってとこにも連れてってもらったかな(クルマとガソリン出したのワシやけど)。
●タカンボー卒業
2月の初めぐらいだっただろうか、タカンボーが実に物足りなくなった。で、またセンパイを誘って白馬に行こうとしたが、ちょっとシンドイから近場に、とのこと。近場ねぇ... じゃ、立山山麓にしましょーか。
●デイタイム券
立山山麓スキー場の雷鳥バレーと極楽坂は、リフト券共通で上で繋がっている。しかも、10時〜15時の「デイタイム券」というのが3,000円なのだ。体力不足のワタシにはもってこい(^^)。ゲレンデも、さすがに全体を見れば白馬には及ぶべくもナイが、練習用とすれば、個々のコースはそんなに見劣りするものでもない。
●効果のほどは?
イイねぇ〜(^^)。3月も終わる頃、体重はほぼ80kgちょうどまで落ちた。3ヶ月で8kgの減量である。大成功〜!!
2003.3.某日 ブーツが!
●違和感
滑走中、ちょっと強引に方向転換したときがあった。そのあと、ナンかカカトのビンディングが外れたらしい感覚がある。脇に止まって、確認するが別になんともないようだ... っとその瞬間!なんとビンディングはきっちりハマッているが、ブーツの底が剥がれてしまっている!がちょーん。
●まだ昼にもならないのに!
しょーがないので、午後はレンタルで続行。ステップインのブーツがなかったので、板とブーツの両方レンタル。はぁ〜予定外の出費や...
●今シーズンは後1回
どーすべ、来週もう一回行きたいのに... どうせ来年もある!この際だから新品を買ってしまえ!ってな訳で、冬物処分どころか、明日には倉庫にしまうんです〜というブーツとビンディングを購入。どうせしまうんなら安くしてよ!ってことで消費税分はオマケ...(今にして思えばあんまし安くしてくれてないなぁ...^^)
●安定感
すげぇ!モノがイイとこんなにも違うモン?足首からフクラハギまでがっちりと固定してくれているおかげで、板がものすごくコントロールしやすい。安い買い物ではなかったが、でも買ってよかった〜。
●シーズン終了
我ながら、通いつめたお陰でかなり上達したと思う。減量もできたし(^^)、大変有意義なシーズンでした。
2003.12.20 2004年シーズンスタート
●雪が降らん...
今年は近年まれに見る雪の少ないシーズンである。先週のニュースでは全く雪のないゲレンデに、人工降雪機で作った雪山がそこかしこ、という映像が映し出されていた。ソラ無理やわ!(^^)
●と、思ったら...
折りしも、つい一昨日からドカ雪が。ゲレンデ関係者の胸をなでおろすカオが見えるようである(^^)。
●初滑り
雪も降ったことなので、今シーズン初滑りは近場で行こう。友人と共に雷鳥バレースキー場へ。うぉ?!ホントにスゲー雪じゃ。ありゃ?10時に着いたのにゴンドラはおろか、リフトすら動いとらんぞ?と、思った瞬間、「ただいまより、リフトの運転を開始します」のアナウンス。はいぃ〜?今やっとコース圧雪が終わったんか?
●自らを呪う瞬間
とにかく準備。と思ったら!なんと、ブーツケースから出てきたのはスキー用のブーツだった...(どマヌケ!T^T) しょーがナイのでレンタル。板はあるからブーツだけってのは?ステップインじゃダメ?さうデスか... 板と靴、半日レンタル料金3,000円也−。ナンのためにリフト代タダの日に来たんだか(T_T)
●ちょーしえー
とにもかくにも、滑走開始。おー、イイカンジ。さすが昨シーズンあれだけ通いつめただけのことはある。しかし... この板、滑らなさスギ!スケーティングしててツンのめりそうになることシバシバ。これは決してワタシがヘタだからではない... ハズだ!
●上は未整地
ゴンドラも動き出したんで乗ろうかなーと思ったが、よく見ると上のほうは全くのバージンスノーである!ひとーつも圧雪してない!そこかしこに止まってしまって起き上がれずにもがいているヒトビトがリフトから散見される。わー、シーズン初日やしぃ、あんなんなったら一発で体力なくなるから止めよ〜(^^)。
●ま、初日はこんなモンやろ
シーズンはこれからである。昨シーズン同様、筋トレ、ダイエット体操がわりに通うべし。
2004.01.04 雪がない!
●海外遠征から帰ってみると
サイパンから帰国。雪なんざミジンも見えん。空港からの道すがら、ずーとやったしなー。オイオイ、一応雪国なんだからさー。コノ時期で雨はないやろ、雨は?
●ならば遠出するしかない
県内はマズ無理。白馬五竜めざして、高速をひた走り。着いてみると、白馬でさえゲレンデには1m程の積雪、道にはホトンド雪ナシ。アリまぁ。
●全コース制覇だ
まだまだ慣らしの期間である。今日は47を含めて全コース制覇だけを目標にする。実は昨シーズン、何度かココ五竜に来ているが、47は一度も滑ってイナイのだ。理由は... なんとなく。
2004.01.10 3連休初日
●3連休だ、2回は...
初日と三日目、2回行く腹積もりをしてみる。前回行った友人に声かけ。ナニ?!でーとだからダメ?フンッ、いーさいーさ。ひとりでも行くモンね。さ、さむい...(T_T)
●マケオシミじゃねーぞ!(^^)
元々ダイエット目的のエクササイズ代わりなんである。ひとりで行った方がペースもとりやすいノダ(だからマケオシミじゃねーって!)。腹ごしらえをしっかりして、10時から15時までビッチリ滑りまくる。ゴンドラ14本。最高記録カモ?
●そういえば
秋ごろ、たまたまゴルフでご一緒したOさん、雷鳥バレーでスキー教室やってるんだったよなぁ。スキー教室って何軒か看板あるけど... とりあえず最寄から。こんちわー、Oさんて方、いらっしゃいますぅ?と、ホントにいらっしゃいました!おぉ〜、お久しぶりですぅ、ワタシのこと、覚えていらっしゃいますかぁ?あの時のお言葉どおり、厚かましくもお邪魔させていただきましたぁ!
●スキー教室も少々苦境だそうで
昨今のスキー人口の減少で、ナカナカ厳しい情況らしい。うーん、がんばってくださいねぃ(^^)/~
2004.01.11 3連休2日目
●明日に備えて
さすがに今日は少し筋肉痛が出てる。ワシもマダマダ若いのぉ〜、ふぉっふぉっふぉ(年を意識するモンほど口にする台詞^^)。行きつけのマッサージ屋で、ちぃとモンでもらう。はー、すっきり。
2004.01.12 3連休最終日
●お天気良好!
おー、今日は初日よりも天気がいい!絶好のスノボ日和である。...ナンだけど、アカン。疲れが抜けきってない... 残念ながら今日はパス。あーあ、結局連休中一番天気の悪い日に行ったってことカヨ。
2004.01.17 Hi, Nick!
●例によってひとりで...
今日も同伴者なし。サミシクなんかないやいッ!(^^; あー、でもいい天気すぎ!ムチャクチャ混んでるやんけ。あのなー、こちとら天気がどうあれ毎週来とるんじゃ!天気がいいときだけ来るような軟弱モンにジャマされとーないワイ(←勝手なことを...^^;;)
●結構ガイジンが
ワリと外国人が目立つ。これでも英会話でねいちぶすぴーかーかんばせーしょんが出来るようになった身。青い目だからって気後れはしないモンッ!(←きしょいワ!)
●ガイジンといえば
英会話の外国人講師がスノボをやると聞いている。昨シーズンは誘ってみたが結局一緒に行く事かなわず。今日来てたりしないのかな〜... と思ったら、後ろにいた!ホンマかいな。ちょっと出来すぎやで。聞いてみると、奥さん連れて同じアパートの友人と来たんだと。ほぉ〜。早速聞いてみる。「May I join you?」「Oh, please!」
●逆にひとりでよかった
結局その日は終日一緒に滑ってた。一日タダで英会話の練習させてもらったようなモンだな。ラッキー。
2004.01.24
●ドカ雪の後...
今週後半、マジでドカ雪である。この辺の事は別コーナーでも書いたのであえて繰り返さないが、さて、はっきり言って仕事でクルマに乗るのも4駆の軽トラなればこそ。ワタシのプライベート車は2駆である。ム、ムリや。よー行かんワ。
●ヤツのクルマは4駆
今回は友人にクルマを出させる。れっつごー。普段の倍かけて現地到着〜。お、さすがに先週よりも人手は少ない。天気はマズマズなんだがなぁ。ドカ雪で敬遠するヒトの方が、ワシらのようにドカ雪を求めて来るモンよりも多かった、と。
●コースが何本かクローズ
いつも滑ってるコース、圧雪されてなくて入り口ンとこで封鎖してある。それでも果敢にチャレンジするものはいるもので... あーあ、ゴンドラから見てたら、イカにも後悔してます、戻りたいですってカンジで頓挫してるのがチラホラ。だって50cm以上のパウダーだもんなー。ナカナカ。ワシらはあーならんようにしようナ。つまり、最初っからそんなトコには行かないっと(オノレを知ってるワケよ^^)。
●おぉ!足が勝手に!
ところどころパウダーのマンマ残ってるコースにチャレンジ。後傾(字、合ってるカナ?)にしつつ、ある程度イキオイをつけて... 何本か流すと、当然のようにコブが。でも、我ながら感動!なんと、アタマで考えたコースどりを変えざるを得なくなっても、足が勝手に反応してくれる。すげぇ!オレサマもなかなかのモンよのぉ〜(←バカ^^)
2004.01.31
●明日に備えて...
なぜか今日はゴルフ(打ちっぱなし)。で、重複になるが、コシをヤッてしまう(T_T)。はー、満足に動けもしまへ〜ん。ついに週イチぼーどの記録が途絶える。あ、イヤ別にだからどーしたってこともないんやけど...
●ナゼだッ?!
体重が全然減ってない。現在76kg。ゲッ!若干増えとる!やば〜、少々ウマくなってしまったために、減量効果が薄れているのか?(単に食いすぎって説も^^) 別に減量が目的でなくてシェイプアップが目的やから、体重は必ずしも減らんくてもイイんやけど... どー考えても『キンニク肥り』(ダケ)じゃあなかろー。ウエストのサイズは... 怖くて計れん!(^^;;
2004.02.08
●今日も雪
普通なら、ボーダーにとって雪は歓迎こそすれ、嫌われるモノではない。しかぁし、このところの大雪にはホトホト参る。去年は毎週欠かさず通い詰めたと書いたが、これは平野部には雪がなかったため。今年は雪国らしく道路にも雪テンコ盛り!ワシのプライベート車じゃ、チト不安で出かけられない。
●と思って引きこもってたら...
しょーがなく部屋でSTなぞ見つつ時を過ごし、折を見て買い物にでる。するとなんと!道路の雪はほぼキレイサッパリ消えているではないか!がちょーん。コレなら余裕で行けたがにぃ〜(T_T)
2004.02.11
●気を取り直して
どうせのコトなので、ちょっと遠出を。「シャルマン火打」だと。北陸道能生I.C.を降りて15分ほど。友人曰く「スゲーすいてる」
●簡単スギんか?
チト早く着きすぎた。リフトが動くのをまつ。天気明朗。...だってのに、駐車場には10台ほどのクルマだけ。ホントにすいてるな〜。それはともかく、コースが簡単すぎ。斜度はまあまあアルものの、コブもないフラットで真っ直ぐなコースが数本。オイオイ、これじゃ1,2時間で飽きるぞ。
●やっぱ考えてあるんやネ
圧雪「しない」コースなんてのがいくつかある。こんなん初めて見た!普通のゲレンデではパウダー(新雪)を滑りたいと思ったら、コース外を無理矢理滑るしかない。しかしココでは、正規のコースでパウダーを滑れるコースがあるのだ。ふーん、オモシロそう。ただ一言いいたい。コース順路ぐらい示しといてくれよ。それすらナイんじゃ、単に放置されてるだけやがな(^^;;
●さっそく
とにかく「パウダーコース」にチャレンジ。うぉ!ムズカシー。やっぱまだヘタだ(T_T)。パウダー滑走に必要な、後傾姿勢がなかなか出来てない。すぐ止まってしまって、新雪の中でもがき苦しむことになる。体力消耗しまくり〜(^^)
●ワザと?
とりあえず、少しずつ行こう。通常の整地されたコースの両脇が、数メートルに渡って未整地のまま残されている。ココを使ってパウダーに慣れるのだ。
●よー滑るワ
とにかく少しずつ後傾姿勢にも慣れた。ソレもコレも、ココ数日降り続いた雪と、朝からの快晴による低温のお陰で雪質が最高だからであろう。あ、もうひとつオマケに、今日は今シーズン初めてワックス塗ってきたってのもあるかなぁ。やってきてよかった(←ソレぐらい毎回やれよ^^;;)
●はー疲れた
今日は本当に疲れた。リフトの営業時間は16:30までだったが、15:00まですらもたなかった。疲れて退散するのは久しぶりだ。これでこそシェイプアップ効果があるというものである(^^)。
2004.02.12
●きた〜
筋肉痛が(^^)。いい?ココはポイントよ?昨日スノボして今日来たンやからね?(←ムナしい...)
●もう少し細かく分析すると
ここ数年来そうなのだが、翌は大したことナイのだ。それが昼を過ぎたあたりからダンダン痛くなってきて、夕方以降ロボットと化す(^^)。つまり、一日で(一晩でなく)来るのだ。ビミョー(^^;;
2004.02.21
●ヘコむ...
ヘコんだ時には、カラダを動かすのが一番の発散になる。前回パウダーの練習をした「シャルマン火打」。パウダー滑走の仕上げをしに行こう
●快晴!
朝から実にイイ天気である。普通、天気がいいときは放射冷却でバリンバリンに凍るまで気温は下がる。しかし今日は7:00am時点で4度。ナニぃ?!快晴なのは分かってた。だから10時ぐらい以降はベチャベチャで雪質は期待できないであろうことは予想していたが... アサイチいきなりシャーベットである。
●パウダーはドコ?
無論パウダーなどかけらもない。それどころか、「パウダーコース」なのに、コブすらないマッタイラの整地斜面みたいなモンだった。ゲぇ?!ここって、パウダーがないと「タダ真っ直ぐな急斜面」になっちゃうのにぃ、コレじゃ練習にならん!
●グーフィースタンス
よーするに「逆滑り」である(←チガウ?^^)。とにかく、タダ滑ったんでは練習にならんのだ。新しい課題を課す必要がある。それを「グーフィースタンス」とした。早速練習。うぉー、難しい。うわー、そーいや去年、シーズン当初はこんなんやったなー。
●初心者用のポイントおさらい
そう、初心者ボーダーに戻ればいいのだ。初心者に大事なのは... というところであろうか。
●気をつけましょう
まぁ、新しいコトにチャレンジするというのは、何事につけてもリスクを伴うものだ。この場合は、ケガというリスクがある。チャレンジは2割り増しまで。それ以上は危険である。
●チョーシに乗ってるとしっぺ返しが
でもワリとすぐにイイカンジになった「グーフィースタンス」。斜滑降→ターンの繰り返しは大体マスターできた。するってぇと、ついつい調子に乗って... 1回転(水平方向に、ですゾ^^)なんぞをやってみる。おぉ、これも緩い斜面なら問題ない。トーゼンの流れで次はやや急斜面で。おぉ、これもまわれた!っと思った瞬間、谷側へ逆エッジ!後頭部からまともにオチた!
●もー目もあてられん!
アタマくらくらである。ナンか「脳を揺らされた」ってぇの?シャレにならないくらいのダメージである。しかも、それを性懲りもなく2回もやってもーた(←アホ!)。2回目をやったとき、まともに立てもしなかった。まだ昼には時間があったが、食堂へ引っ込み2時間ほど休憩。それでも回復しなかたので、そのまま退散となりにケリ...(T_T)
●な?
だから、物事がうまくいってる(と思ってる)ときほど、足元をすくわれることって多いんだよ。いい気になっちゃダメだぜ?はぁあぁ〜。とにかく、致命傷にならないうちに指摘されたのが吉と思って、次は気をつけるコッた。
2004.03.07
●ウエア破損!
実は前々回のハナシなのだが、ウエアの袖付け根が裂けた(T_T)。もー、それこそコノ状態でオモックソ引っ張ったら簡単にソデが取れるね、間違いなく。ええンなッ!くっさ〜ん!(←金沢弁で「ええい、くそッ!」の意... で合ってますヨネ?)。去年はブーツとビンディングを新調させられたってぇのに... やっぱ初心者向け3点セット(の類)はアカンな〜。
●スキーウエアで
で、実は前回はスキーウエアでボーダーやってたワケ。でもなぁ、このスキーウェア、8年前に10万ぐらいもしたヤツなんだじぇ〜。ただ、ハデハデ路線の最後らへんの時期やったんで、デザインが... マッカッカの... まぁ、ハデ路線なワケよ。サスガにチッと着るのは躊躇してたんやけど、着るモンがホカになけりゃあしゃーねぇべ。
●ぼちぼちクリアランスが
で、実は今日スポーツ店をぶらぶらと物色してたワケよ。そしたら、さすがにもう処分価格が始ってんのネ。30〜40%OFFなんてのがゴロゴロ。ただねぃ、やっぱいいヤツは値引き後でも高い。ワシがいっちゃん欲しいと思ったウェアは、定価19,800円也−。値引き後でも13,000円以上、しかも上だけだぜ?安いのは6,000円弱ぐらいであったしなぁ。実に悩ましい。
●もうちょい待つか?
まぁ、今シーズンに関しちゃ、まだクビも治ってなくて、あと行けても1回か2回。もう1,2週間待ってみて、せめて10,000円切るのを待ってみようかナ。最悪去年のように倉庫行き前日購入でマケさせりゃ...(^^)。
2004.03.10
●春、来ンな!
げぇ〜、なんちゅうイイ天気&気温上昇(T_T)。やっぱ先週が最後だったか... もう最高気温が10℃を下回ることもナイんやろなぁ。パウダーとは言いません。せめて新雪でもう一回ダケ... って、ベタなボケはさておき、アライぐらいまで行けばまだそれなりに滑れるンかね?県内はもうアカンやろ...
2004.03.15
●最終売り尽くし
ウエアの物色に、アルペンに寄ってみた。てぇと、そこかしこでもうお蔵入りの梱包作業中である。よくみると、張り紙に、「スキー、スノーボード関連商品の販売は3/14をもって終了します」とのこと。え?14日って... 昨日やん!なるほど〜、だから売りつつ、今日は片付けの日ってワケか。
●どーすっかな〜
去年の今頃はまだ雪があったのだ(3月に入ってからドカ雪があったんで...)。でも今年はもうナイだろう。今ウエアを新調したとして、来年までお蔵入りは間違いないところである。うーむ、悩ましい。ちなみに7日に(別の店で)物色してたウエアは既に売れていた。
●サスガに値引率は
どれも40〜50%オフである。ただねぇ... 前に見てた店より、価格層がそもそも高いんだよね。だから、コレだけの値引き後でも1万を割ってないのが多い。割ってるヤツはヤツで、イカにも安っぽいし...
●ええいッ!
で、結局買っちゃいました(^^)。上下で約24千円(税抜)。うーむ、買ったからには1回は着ておきたい。今週末はゴルフのツモリだったが、シーズンラストで滑ってくるか!白馬あたりならまだ何とかなるだろう。
●ポイントカード
カードで会計を、と出してしまってから気づいた。あ!ポイントカードがある!すみませーん、コレ使いたいんですぅ。実はそのカード、1年以上経ってて多分期限切れのヤツでした。ダメモトで... え?いいの?いぇ〜い、さらに千円値引き〜(一旦入れちゃったカード会計、取消なんかさせちゃってゴメンナサイ)。
2004.03.18
●雪〜?!
今朝、ナントまた雪がチラついているではないか!当然のごとく、お山は真っ白に雪化粧しなおして... えぇい!折角もうスノボシーズンも終わってゴルフに打ち込もうと決意したとこやったガにぃ〜。
●う、うずく...
ま、土曜はラウンド予定いれちゃったから... でも日曜スノボに付き合ってくれそうなのはいねーから... 近場ならひとりでも行くんだが... って、ナニ?立山山麓でも積雪2m超?ほほぉ〜、まぁったく問題なさそうやねぃ。
2004.03.30
●ケジメ
板や靴をしまい、(スキー)ウエアをクリーニングに出す。結局おにゅーのスノボウエアは一回も着ることなくお蔵入り(^^;;)。ともあれ、コレにて2004年シーズン終了!

2005.01.03
●やっと降った〜
新春である!よーやく雪が降ったのである!今年はまぁ〜去年に輪をかけて雪の遅いシーズンである。初雪が12月の27だか28だかそんなもんだよ?例年のゲレンデオープン(20日)に間に合わなかったんだよ?ヒデェ話だネェ。関係者の血の涙が見えるようだ...
●初滑り!
ともあれ初滑りである。我がホームゲレンデたる「雷鳥バレー」へ。着いてみると、全面滑走可とはなっているものの、そこかしこに枝やブッシュが見え隠れしている。気をつけましょうねぇ。毎年、最初の1本は緊張する。でもまぁ、やっぱ一度覚えたコトは体が忘れないモンだねぃ。いい調子。
●初回の心構えとは
なんたってシーズンとっかかりである。まず考えるコトは、体慣らしであり、五体満足で生還することだ!(^^) イヤ、これ冗談じゃなくて、今日だけで2件もパトロールがソリを引いてるのをみたからなぁ。1件は自損。1件は衝突(ラシイ)。折角のレジャーを事故で台無しにすることは絶対にさけねばなぁ。
●体力が
結局今日の成果はゴンドラ4本、リフト2本のみ。最後の2本ぐらいで、体力的には大丈夫と思われつつも、バランスをくずす場面が見えた。半端な時間だったが1時間ほど休憩。にも関わらず次の1本、途中でプチけいれん(^^)。2,3分動かなかった。やっぱヤバそゲだったので、ソレをラストにして帰還。
●成果じょ〜じょ〜
確か元旦のゴルフの後で量った体重は78kgほどだったかと思う。帰って来てフロに入った後はかってみたら、77kgぐらいになってた!いぇ〜い。とりあえず今シーズンもヒマを見てガンガン滑る。目的であるところの を目指そうじゃあーりませんか。
●余談
今日はおニューのウェアの初披露でもあった。で驚いたのだが、このウェア、なんとリフト券ホルダーがないのである。なんじゃとー?!そんなもんあって当然やと思ってたし、全くチェックしとらんかったがな。悔しいから売り場で売ってる安こいホルダーを買うのは拒否してイチイチポケットから出し入れしてた。早めにホルダー買っとこ。
2005.1.9
●Round Two !!
さて、今シーズン2度目である。チョイト人数集まったので遠出してみた。その名は白馬ごりゅ〜。って、そんなに遠くもないか(^^)。予報によれば、今日明日とどんどん雪がひどくなるそうな。朝6:30に自宅出発。まー、9時ごろには着くだろ。
●やっぱ雪ないネェ
北陸道をひた走り、糸魚川ICで高速を降りる。こっからが遠いんだよねー、白馬って。しかしまー、最初のトンネルを越えるあたりまで、あんまし雪がなかった。やっぱこの辺でもそうなのか... っと思ったけど、奥へ行けば行くほど雪は増える。おぉ!!やっぱ現役雪国はチガウぜ〜(^^)。
●五竜といいつつ
47の方が近いので、そちらへ向かう。わっ、もう9時半まわっとるがな。早よ滑ろ〜。今回は、ツレがスポーツ用品店で見つけたという割引券を適用。昼食用のチケット1000円分とリフト1日券で計5000円也(ただし後で返金される保証金1000円が必要)。フツーに買うと、1日券は4500円だから少しだけオトク。
●やっぱ新雪はイイ!
なんといっても降りたて積もりたてのホヤホヤである(つか、ひっきりなしに降ってますケド^^)。いいネェ。黙ってても勝手に滑っていく。こんだけイイ雪だと、(自分の技術で)滑ってるのか、(いい雪に)滑らせてもらってるのか、判然としない(^^)ゞ
●なんと2回目にして早くも?
イイカンジで滑り続けているワケだが、前回2時間ほどで休憩が必要だったのが、今回はヨユーで滑れるじゃあ〜りませんか!たった1回で体が順応したワケか?ま、順応といっても体力的にか技術的にかはわからんけど。
●グーフィー再び
大分慣れたところで、グーフィースタンスに再挑戦してみた。お!おお!お〜!!ナンか結構できるやんケ。しかァも、一回転も割りとスムーズにできてる。なかなか上達が見られますネェ。ま、しっかり逆エッジでスッ転んだケド(^^)。
●早めに帰ろ
リフトの営業時間は4時までだったのだが、3時半で上がった。帰りの道のりも結構あるし、ドライバーに気を使ってということで(決して体力の限界が来たわけではない!^^)。
●なにぃ?!
帰り道、20分ほども走ったところでイキナリ大渋滞していた。なんやとぉ〜?!白馬には一昨年から来ているが、コンナコトは初めてだ。単なるノロノロ運転じゃなく、10分以上も全く動かないのだ。しかもトンネルの中だからラジオも携帯もダメ。情況がわかんないってスゴク怖いよね... 事故車が道を塞いでるんじゃないかとか、諦めて引き返すべきかもとかイロイロ思ったヨ(実際引き返してるクルマもいた)。
●やっと外だ
他のクルマのヒトも歩いて見に行ったりしているが、原因らしきものは全くわからないくらい繋がっている。数キロ動くのに1時間以上かかってようやくトンネルの外へ。意を決して警察に電話してみた(110番じゃナイっすよ。糸魚川署の代表番号(?)です)。「どうなってるんですか?」「特に事故の連絡等は入っていませんので、除雪車による渋滞と思われます」なにぉおぉ〜?
●信じらんネェ
何でわざわざスキー帰りのクルマが動く時間に道を塞ぐようなマネをする?もう白馬村じゃなくて糸魚川市に入っていたので、当然管轄は糸魚川市役所である。マジでクレームの電話かけたろうかと思ったゼ... コンナンじゃ白馬に来るスキー客の不評を買うぞぉ。白馬村から糸魚川市に抗議すべきじゃないか?
追記:考えてみると、当該の道路は国道なんだから、管轄は当然国土交通省ですワな。糸魚川市は直接関係ないか(^^)。
●お疲れ様でした
結局、いつもなら2時間前後で帰って来るところを、4時間以上かけてしまいました。あ〜、ホント疲れた!
2005.2.11
●Round Three !!
今シーズン3回目。うーむ、ちょいとペース鈍いねぇ、今年は。まぁ、雪が少なくてGができちゃうってことでね(^^)。おっと、それはともかく、今日のゲレンデは「IOX-AROSA」。えーと、確か学生の頃に1,2回行った覚えがあるから... 10年以上経ってるか。実はあんましいい思い出がないんだけど、今回一緒にいくメンツがスキー自体何年ぶりってヒトなので、(いつも行ってる)雷鳥バレーよりはなだらかなココを選んだワケ。
●良くない思い出とは
えっとね、かつて行ってたときは、ゲレンデが狭いのがなにより不満だった。それでいて、施設ばっかり(出来たばっかってこともあってか)リッパでリフト代が高くて(確か、5,500円ぐらいだったような)。再度、施設は立派だった。ゴンドラがキレイでねぇ。でもゲレンデの規模に不相応な気がしてた。
●ほぉ〜?
そんなワケで、スノボにハマってからもココへ行こうとは思ったこともなかったのだが、コンビニで割引リフト券を売ってることぐらいは知ってた。今日行きがけに初めてその割引券を購入。1枚4,500円也−。コレで800円分の食事券と、飲み物券1枚付。ふーむ、値段的にはまあまあか。
●変わってないね
そんなこんなでゲレンデ到着。あー、こんなレイアウトだったよね。ゴンドラに沿ってあんまし広くないコースが1本どーんとあって、後は上の方にチョボチョボと。やっぱツマンネーな、ココ。10年も経てばちょっとは拡張されてるかと思ったのだが。
●ファミリーゲレンデ
基本的には家族向けってコトみたい。それと、ワタシが行ってる他のゲレンデに比べて、スキーヤーの割合が多かった気がする。イマドキ珍しくない?ま、かく言うワタシのツレもスキーヤーだったワケだが(いや、別にスキーヤーが多いからどうだってワケじゃないデスよ、念のため)。
●やっぱ二度とは来るまい
まー、今日は天気が好転したこともあって、かなーり混んでた。ゴンドラの行列が折り返しまで作ってたんだぜぇ?こんな行列長はヒサビサだねぇ、それこそ20年ぶりぐらい。小学生の頃、シングルリフトが1本とか、そんな狭ーいスキー場のイヤーな思い出だぜぇ。あーあ。
●それはそれで
混んだゲレンデで事故らないように滑るスベは、去年2回もちっちゃい女の子とクラッシュして身にしみて修得した。視線は遠く、また横や後方にも注意。まぁ、アタリマエのことなんだけど、なかなか出来てないヤツも多いのよね。ホンマ他人事じゃありませんぜ?
●ふぅ
なんだかんだで、ヒサビサだったからやっぱ楽しかった。また行くべ〜。
追記:結局2005年はコレっきり。だんだん先細りになっててチョット危機感感じてたりして(^^;)ゞ

2006.1.8
●今季初
雪を待ってたハズのボーダーyonetchは、多すぎる雪ゆえに初滑りにいけませんでした(T_T)。そこへ折角の3連休に遠出しようという誘いにのり、ようやく白馬五竜にて今シーズンのゲレンデデビューを果たすことができました。
●ヒサビサやね
去年も思ったことですが、インターバルのわりには忘れてないモンですね。ひっきりなしに降る雪のなか、視界もあまりよくないなどコンディションはあまりよくなかったんですが、なかなか楽しめました。
●マジメに遊ぼう!
とはいうものの、ようやく調子が出てきたと思ったところで足がつってしまい、泣く泣く撤収モードに(^^;;)。やっぱ、スノボは体力使いますナ。シーズン前に筋トレやっとかないと、折角の機会なのにちゃんと楽しめません。本気で遊びたいなら、ある意味マジメにならないとね(^^)。
2006.3.4
●Round Two!
あらら... 結局2ヶ月も間があいてしまいました。なんだかんだで2月中は行けなかったのと、下旬以降はほとんど新雪が降らなかったのでもう諦めてたんですが、3月2日3日と、少し雪らしい雪が降ったので、新雪を求めて行ってきました「シャルマン火打」へ。なんと言っても整地しないコースがあるのがいいですね、ココ。
●スゲェ雪!
白馬とどっちにしようか、ちょっと迷ったんですが、体力のなさを見越して比較的近場のこちらに。高速を当地へ向かう途中のSAで、ゲレンデ積雪情報をチェック。なんと驚いたことに、白馬でも250cm強ぐらいなのに、シャルマンは450cm以上もの積雪とのこと。え〜?!4m以上て。
●割引ナシ?
前に当地を使ったときは、SAで割引リフト券を買っていました。ところが今回は売ってません。聞いてみたら、外部での販売を止めたと。フツーに現地のリフト券売り場で同じセット(1日券+食事券+温泉入浴券)が買えるとのこと。ほっ。
●急げ〜
到着してみると、もう9時半をまわってました。実は、ココも10時〜15時まで限定の(ビミョーに)安い券ってのがあるんで、10時を過ぎてしまったら1日券を買う必然性が半減してしまう!...って、結局準備にモタモタしてたせいでギリギリ10時を過ぎてしまいました(つ_<)。まぁ、とりあえず上記のセットにしましたけどね。
●い、息が...
とにかく、今年はゴルフ(打ちっぱなし)すらほとんど行ってないほどの運動不足な年ですから、体力面では全く期待できません。ソレはわかっていたのですが... 入念に準備運動をした後の1本目、中々快調な滑り出し。無難なコースを選んだこともあって、コケたりすることもなかったんですが... 息が続かなくなって小休止(^^;;;)。ま、マジかョ... 体力以前の心肺機能が全然ダメでした(T_T)。
●2本目ぇ〜
とにかく体力があるうちに、パウダーコースへ行っておかなければ。無謀にもチャレンジしましたが、コレもまぁソコソコ滑れたんで楽しかったっす(でも“パウダー”ではなかったっすけどね)。ヒサビサだったせいか、体力の問題か、ちょっと後傾気味だったんですが、不整地コースでは後傾姿勢は逆に必須ですからね。ヘタがバレずに済んでよかったナ(←バレバレだっつの^^)。
●たったの?
結局午前中は3本滑ったところでもうお昼休憩へ(^^)。なんたってですねぇ、“ヒザが笑う”ってんですか?全身がプルプル震えてまともに滑れなくなっちゃったんですよ!うわぁ〜、コレ、ワタシ的には初体験です。今までは、体力の限界=筋肉の痙攣だったんで... これってどういうことですかね?なんで症状が変わったんだろ?
●目指せ、15時過ぎ
昼食休憩をコレでもかってほど取って午後の部スタート。なんと言っても、1日券を持っているのだから15時までの限定券よりも長く居なければ意味がありません。そーれ、がんばんぞ〜。って、何本か流して15時目前にリフト乗り場へ来たが... け、結構ツラくネ?や、止めとこうかぁ〜(^^)。まぁね、「あと1本、そこがスキーの止めどころ」って格言もありますからネ。勇気ある撤退と呼んでクダサイ。
●いざ、温泉へ
結局、リフト券的には限定券でもなんら問題なかったというオチに終わってしまいましたので、精々セットの温泉入浴を堪能しましょう... と思ったら、ハンドタオルを忘れてきちゃいましたョ(T_T)。しょうがないので洗い場は使えず、じっくり暖まるのみにて...(まぁ、しゃーねぇべ)
●高速割引
ついでに、高速料金の割引も狙ってみましょう。17時からのETC割引を使うには... えーと、往路の分は距離をチェックしたんですが、小杉ICから乗ると糸魚川ICで降りないと100kmを超えてしまいます。しかし復路のことはすっかり忘れてました。能生ICから乗ると100km圏内ってのはどこまでなのか?
●しょうがないので
深く考えるのはやめて、朝と同じく糸魚川で一端降りて乗りなおす戦法としました(^^)。しかし、その場合は5時前に糸魚川を降りないといけません。間に合うか〜、ってまぁ、結果的にはヨユーの4:30前降りでした。そしたら今度は、小杉ICを5時前に降りてはいけません。途中で時間つぶししないとダメか〜、って、結果的には丁度5時過ぎぐらいとなり、完璧なタイムテーブルでしたとサ。
●ラストチャンス?
無事帰還できてヤレヤレといったところですが、コレが最終になるかもですね。サスガにもう近場で新雪はないでしょう。今回ですら10時をまわるともう雪がベタついてましたしね... ただ、日が明けて今日(5日)、全身火のついたような筋肉痛です(^^)。こんなマトモな筋肉痛ってどれくらいぶりでしょうか...(それだけサボってた証でもある)。そういう意味では雪のコンディション云々などとゼータク言ってないで、筋トレとして閉鎖まで通えってハナシなんですがね(^^)。
●余談
そういえば、マイホームゲレンデたる「雷鳥バレー」が今季で営業終了なんですよね。富山市が運営を引き継ぐかどうかの検討に入ったという報道もありましたが、その後の進展等の話題は聞こえてきませんし... ここは記念の意味でも一度行っておくべきでしょうかね...

2007.1.4
●やっと降った!
今年の暖冬ぶりは例年にない。特に去年の豪雪が記憶に新しいだけに、その格差がいっそう際立つ。毎年12月20日前後にスキー場開きするところが多いが、今シーズンはそれが不可能だった。富山県内の平野部(もしかして一定の山間部も)の初雪は12/29だったのだ。唖然...
●消えかけてるよ
しかし、その雪すらそれっきりで、正月休みも終わろうかという今はもう平野部にはほとんど雪も残っていない。いかん!それはいかん!このままでは今シーズンのスノボ日記が書けずじまいということになりかねん。
●敢行〜
そんなわけで、県内は最初からあきらめて、白馬五竜へ行ってきた。それがまたねぇ... 雪ねェ!なんたって、糸魚川ICを降りて白馬村へ向かう途中、ずっと小雨が降ってたのだ。本気でもう帰ろうかと思った五竜の手前2,3キロの地点でようやく小雪に変わった。なんじゃソラ...
●なんとかかんとか
天気が(平野部で)曇りだったので、山間部ではいわゆる「ガス」のかかった状態。ゴンドラに乗って上にいくと、視界が20mほどしかなかった。コースすら記憶とマップに頼ってそろそろとすべるしかない状態。ぜんっぜんツマラン!
●なんとか最後だけ
積雪も大してなくて、コースど真ん中のそこかしこに滑走禁止の看板や防御策が。当然ブッシュや枝なんかが出まくり。はぁ〜(T_T)。そうこうして3時もすぎそろそろ撤収かというころになってようやく雲(ガス)が切れた。上のゲレンデはさすがに問題なく滑れて、なんとか小さな満足感を得た一日でしたとサ。
2007.2.3
●やっと降った! −その2−
1月中も暖冬、雪なしは続いた。スキー場関係者は雪ごいするほどだという。そんな中、2月に入ったところで、ようやく「強い寒波」との予報。外れてくれるなよと思ったら、ちゃんと当たって雪が降った。
●ベストタイミング
休みの前の雪、そして休み当日は晴れ!これはゲレンデが呼んでいると言わずしてなんと言おう。今回の寒波は「短い」との予報もあったし、これを逃すと新雪で滑る機会なぞ、今シーズンはもうないかもしれない。万難を排して向かわねば(^^)。
●カモネギ?
そんなところへ、センパイから「週末の予定は?」との連絡。金曜の時点で、石川県地方平野部はほとんど積雪がないらしく、ゴルフにとのお誘いだ。だがそーじゃねーだろー?!カクカクシカジカと、「行くならスノボ」を力説し、説き伏せた(^^)
●新生「雷鳥バレー」
昨シーズン、営業を終了した「県営」雷鳥バレーは、めでたく富山市が営業をひきつぎ、「市営」立山山麓スキー場として営業を開始したと聞く。遠出するにはちょいと元気が足りないところだったので、今回は新生雷鳥バレーを選択した。
●な、ない!
出掛けにグズグズしてて、現地についたのは10時過ぎだった。すると驚いたことに、駐車場が「満車」の看板。えぇ〜?!そんなん初めてや〜。まぁ、営業がうまくいってるってことなんだから、悪いことではないだろうけども。そして、準備を終え、リフト券を買おうといつもの場所に行ってみると... 売ってねぇ!なんで?どこで売ってんの?って、なんとか買えた(後で知ったが、食堂やペンションで買えるんだと)。
●新システム
以前は10〜15時までの「デイタイム券」を使っていたが、今はそれはなく「4時間券」(\3,000)なるものに変わっていた。時間短縮で同じ値段なのでチョイ割高となっているワケだが、スタート時間が1時間おきに設定されているし、端数は切り上げてくれたので、結果オーライだ(買ったのは11時前ぐらいだったが、11:30〜15:30の券をくれた)。
●ゼッコーチョー!!
でぇ、滑走開始。最初のゴンドラはチョイ待ちが入ったが、ゲレンデはそんなに混んでなかったし、ゴンドラ以外のリフトはほとんど待ちがなかった。思惑通り、天候、雪質、体調、すべてにおいてベストコンディション。すげぇ楽し〜(≧o≦)。しかも、なんだか知らんけど、ボードが意のままに操れる。昨シーズンは「もう引退間近かな」なんて思ったほどだったのに、なんだろ?この調子のよさは。
●成果が出てる
敢えていうなら、夏場にやってた減量のせいかも。去年に比べると7,8キロはやせてるんで、体が軽い分、体力も消耗しないし、体のキレもいいってことかもしれない。ともあれ、こんなに楽しいスノボは久しぶりだった。次の日に、少々疲れは残ったが、筋肉痛はほとんど出てない。うむ!また是非行こう。
●できるんかいな?
とはいえ、くどいようだが暖冬の今年。今回のようにいいコンディションで滑れる機会があと何度あるか。ヘタするともう二度とないような気がする。実はもう5年越しで継続使用している板の裏面がめくれてきているので、新調したいとも思っているのだが、あと1,2度ぐらいしか機会がないのなら、そのまま使おうかとも考えている。悩ましいところやね〜。
2007.2.12
●おニューです
先週に引き続き、やってきました雷鳥バレー。しかも、新しい板を引っさげております(^^)。いや〜、結局買っちゃいました。アルペンに行ったらもう冬物処分市が始まってて安かったんで... ただ、あんまり数はなかったんで、選択肢は限られてて、デザインがイマイチなんだけど... まぁしゃーねーっす。
●めっちゃイイやん!
正直、板の良し悪しがそんなに滑りに影響するとは思ってなかったっす。だけど!すげ〜よかった。雪質は先週ほどじゃなかったにもかかわらず、先週以上の滑りやすさとコントロールのしやすさで。エッジの効きもダンチ。ニガテの急斜面でのブレーキングが易々と決まる。いいね〜。
●決めた!
もうね、こうなったらね、スノボの方も入れ込んじゃうことにするっす。これまでは、ダイエット目的での運動手段でしかなかったんスけど、フリーラン的にいろいろ小技をマスターしたいなと。帰りにスポーツ店に寄って、入門ビデオみたいなの買ってきちゃったっす(^^)。そういうのを繰り返し見てると、それだけで自分でもできるような気になってくるね(←単なる錯覚です^^;)。
2007.2.18
●イメトレは続く
今週は、スノボじゃなくてゴルフに行ってしまったため、フリーランデビューはできなかったんだけど、アレ以来ずっとビデオは見つづけてます。とりあえず目標は「180(ワンエイティ)」のマスターっすね。今は単なるターンしかできてないところで、180を使って曲がると。
●必要技術
そのために必要なのが、「オーリー」なんだって。ようするに板ごとジャンプすること、って理解でいいのかな?ノーズ(左足)を持ち上げ、テールの反動を感じつつジャンプ!(両足同時じゃなかったんだネ^^;)。このとき、跳ぶことばっかり意識するんじゃなくて、「体をコンパクトに縮めること」を意識すべしとのこと。
●自衛手段
いろいろ期待は膨らむんだけど、この手のことにチャレンジするにおいて、気になるのは「ケガ」ですね。前にもちょっと自己流で跳んでみてたらしこたまアタマをうったことがあったし... ということで、ヘルメットの購入を決意したっす。スポーツ店で見てると、1万〜2万くらいでピンキリって感じ。まぁ、どこまでやれるか見えないところでもあったし、中古でさがしマシタ。総額4千円ほどでゲット。さぁ〜て、デビューが待ちどおしいっす。もう少し雪降って!お願い!
2007.2.25
●いざ、ゆかん!
ふっふっふ、ついに行ってきましたよ。フリーランをしにゲレンデへ!例によってマイホームゲレンデ(という認識)たる雷鳥バレーです。これまでは時間券しか使ったことなかったんだけど、今回はゆっくりいろいろ試すつもりで早めに行って、1日券ゲット(途中のコンビニで食事券付4,200円也ー)。
●フリーランデビュー
何事も最初が肝心ってことで、スクールでレッスン受講(半日(2時間)4,000円也ー)。今回習ったのは、主に「オーリー」「180」「プレス」ぐらい。180の準備動作としてのオーリーと思ってたんだけど、これが難しいんだワ。ビデオで見てたときは簡単そうだったんだけどなー。
●段階的に
ビデオの説明とはちょっと違くて、トレーナーのセンセイの教えをワタシなりにまとめると、 というカンジかな。この後、ビデオであった「体をコンパクトにするイメージ」ってのがくるのかもね。とにかく、片方ずつ持ち上げるっていうのがタイミング取りづらくて!慣れるまでちょっとかかりそう。結局マスターできたとは言い難かったし。
●意外と...
準備動作としてのオーリーがある程度できるようになったところで、いよいよ180へ。緩斜面よりも、むしろある程度の斜度があるところの方がやりやすかったですね。これはビデオとトレーナーの言がほぼ一致してました。高さをだして、「ボードの前後を入れ替えるイメージ」(回すのを意識しない)。ワリとソコソコできるようになりましたですヨ。
●ポイントは
ビデオで言ってなかったこととしては、(特に斜度のあるところでは)乗るエッジの切り替えを首尾意識することだそうです。カカト側に乗ってるんだったら、次はツマサキ側に乗るんだという意識でスピンに入らないと、着地に失敗したり、逆エッジになったり。ふーむ。
●基本ですが
今回は、以前に「フェイキー(グーフィスタンス滑走)」をある程度やっておいたおかげですんなり180の練習に取り組めたということがあった気がします。着地するたびコケてたんじゃねぇ(^^)。ただ、フェイキーからの普通のターンがまだまだ。180の前にコレもマスターせねば。
●こんふぃぐれーしょん
今回セッティングもイジってみました。これまで前足27,後足9になってたのを、前足24,後足0へ。このせいか、フェイキーが比較的ラクだった気がします。ビデオでは、プロが自分の設定を15,-15とか、18,-3とか説明してました。してみると前足はもっと角度小さくてもいいのか。
●よかった〜
前回書いたとおり、メットを用意していったんで、ある程度転倒を恐れずにチャレンジできたのが、わりとすんなり180を決められるようになった要因かと思います。5,6回はマトモにアタマを打つシーンもありましたから、ホントにメット被っててよかったっす(それでも結構脳震盪きてましたが^^;;)。
●防御策及ばず!
しかし、逆にケツとかはねー。一応ケツパッドははいてたんですが、氷の塊みたいなところがほとんどだったから、全くといっていいほど役に立ってません。もっと衝撃吸収してくんなきゃ−。それから、今度はヒザやヒジのパッドもあったほうがいいかなぁとちょっと思いました。
●余談
ところで、昨日当地についたとき駐車場に誘導員がいなかったってことがありました。なにゲなく前のクルマの隣に駐車したら、なんと3列でとまってるじゃないですか。こんなことしたら真中の列のクルマは脱出不能なことは自明の理。慌てて別の列にとめました。
●はぁ?
なんでこんなバカなとめ方になってるのかと思ったら、最初は2列と1列で間に空間があったんです。それがYの字みたいにだんだん寄ってきて、最後には3列にまとまってしまったという...(^^)。それもこれも、誘導員がサボってたせいですね。終わって帰るとき、どうなってるかなーと思ったら、一部真中の列のヒトが困惑してました。ご愁傷様(^^)。
2007.3.10
●CHARMANT
3月に入って完全に冬に逆戻りの天気。ゴルファーとしてのワタシは残念がってるが、今年のワタシはボーダーよりなので、実におっけ〜な今日この頃である。ウィークデイに結構雪が降ったので、新雪を求めてヒサビサの「シャルマン火打」へ。かつて行ったとき、ここの不整地コースがかなーりよかったのだ。
●うわっ?!
今回、このスキー場にしては結構混んでいた。前にも一緒にきた友人を引っ張っていったのだけれども、ソイツ曰く「ココがこんなに混んでるなんでアリエナイ」「ココでリフト待ちがあるなんてアリエナイ」だそうだ(^^)。まー、そういわれてみれば、過去ここのリフトで待ちらしい待ちが発生したことってなかったな(といっても、5分も待ってないワケで、正月の白馬に比べりゃぜんぜんないも同じ)。
●やっぱ少なっ
昨シーズン来た時に、その積雪量に驚いてた記憶があるんだけども、暖冬の影響はココとて免れていない。不整地コースもパウダーは臨むべくもなかった(不整地コース自体が大分制限されてるような感じだった)。まぁ、雷鳥バレーみたいに土が見えてるようなところがなかっただけでもサスガというべきなのか。
●目標変更
しょーがないので、本日のテーマを「パウダー」から「グラトリ練習」に切り替えた。そういう目でみると、ここは練習にはもってこいのコースだと気づく。何がかといえば、ある程度広く斜度もある斜面が、1.5キロ近くもずっと続くコースがあるのだ。少なくとも雷鳥バレーではできない練習ができたと思う。
●跳べネェ!
で、前回の復習ということで、「オーリー」「フェイキー」「180」あたりを練習。しかし... ナンかうまく跳べない。オーリーにしても180にしても、両足がなかなか浮かなかった。緩斜面でやるのが精一杯で、ちょっと斜度がでるともうムリ。特に、4種類あるという180のうち、できたのはたったの1種類。一番簡単な、レギュラースタンスからのフロントサイドのみなのである。あれ〜???
●体力が...
そうやって、「あれ?あれ?」なんて思いながらもがいてると、あっというまに体力がなくなってきた。しょうがないので今日のテーマを「フェイキー」にさらに絞込み。レギュラースタンスからスライド180でグーフィースタンスにチェンジ、そこから再度スライド180をするか、そのままグーフィースタンスでのターンをするか。その繰り返しをずっと練習してた。
●開けた!
初心者のころそうだったように、ヘタなうちはとかく視野が狭くなる。ある程度滑れるようになったレギュラースタンスの方は周りに気を配る余裕があるが、フェイキーになるととたんに進行方向のごく一部しか視界に入らなくなる。それじゃだめだと思って意識してもなぜか視界は狭いままなのだった。それが、いい加減リフト営業時間終了間際になって、突然視野が開けた。
●なんで?
何が原因なのか、何が違うのか、自分でもよくわからん。ただ、フェイキーでのターン(スピンではない)が自然にできるようになったことと関係があるのだろうと漠然と思う。フェイキーでも転ぶことがほぼなくなった(少なくとも頻度はレギュラーと変わらんくらい)。よしよし、成果上々!
●まだ降る?
どうやら今週もまだ寒波は続くようだ。しめしめ、まだボードシーズンは続くぜ!(^^)。今度は雷鳥バレーに行って、もう一回スクールで「跳ぶ」のを教えてもらうことにしよう。あ、そういえば、スタンス角度の設定もちょっと変えよっかな。今24,0なんだけど、ビデオで見たプロのマネをして、18,-3ぐらいに。そうすりゃもうちょっとフェイキーが安定するかなって気がする。
●余談
今回高速道路の乗り降りを、行きが小杉-糸魚川/糸魚川-能生、帰りを能生-富山西とした。目的は、もちろんETCによる割引である。前者が\1,250(割引価格)+\500(通常価格)に対し、後者が\1,400(割引価格)となって少しおトク。特に能生-富山西は行程99.8kmと、ほぼ満額の適用となるため非常に気分がヨロシイ(^^)。次回からは行きも富山西から乗るとしよう... って、富山西ICってイマイチ行きにくいんだよなー。いいアクセス道路みつけなきゃ。
2007.3.17
●白馬五竜 AGAIN!!
今シーズンもボチボチ滑り納めが近いと思い、ムリを言って友人を巻き込み、一路白馬へひた走り。正月に行ったときは、フツーに現地で一日券を買ったが、今回はコンビニでサービスチケットを購入。それだけでも500円安いが、食事クーポン1,000円分も出た。なんと?!前の時は1500円も損してたってことなんか〜。
●天候悪し?
当地に近づくにつれ、山の上の厚い雲が気になった。うむ?どうも上の方はガスって視界が悪そうだなぁ。ま、そんなことは大して気にもせず、とにかく滑れ!当初は雪も大分降ってたし、確かに視界もよくなかったが、10時を過ぎたあたりでほとんど気にならなくなった。いい日にきたな〜。
●いい感じ!
前回あたりをつけた、フェイキー(スイッチ)をメインに練習。今回の同道者とは始めて一緒になったんだけども、ワタシなんかよりよっぽど前からグラトリをやってるヒトで、いろいろ教えてもらった。前回「なんか跳べなくなった」と書いたんだけども、その理由は単純。跳ぶ前の準備動作が足りなかっただけ。それを指摘されてからは、ワリときれいに180が決めれるようになった... と思う。
●ヒサビサ47
正月に来たときは、47へ行くのは断念した。それというのも、五竜から47へ行くにはある程度勢いをつけてそのまま行かないと、長い平坦な道のりを自分で漕がなければならなくなる。それが視界不良ために不可能だったのだ(ヘタすりゃ衝突事故のモトだからね)。それが今回は視界も晴れ、一気に47側へ抜けることができた。おー、ヒサビサ47。ふーん、パークっぽいコースになってんだね。
●ミンナうめ〜!!
サスガというかなんというか、パークやキッカーが整備されてるようなところを攻めてるヒトたちというのは、180ぐらいアタリマエのように決める。ジャンプして数秒滞空しつつ、360や540なんかを決める。うわ〜、こんなのテレビのオリンピック中継とかでしか見たことなかった〜。
●チャレーぃンジ!
ソコを、友人も(フツーのジャンプだが)クリアしていく。ナンか簡単そうに見えたんだよね。高低差は... 自分の身長以上は余裕であったから、多分3mぐらいかな。そういうキッカーに無謀にもチャレンジした。
●まだ?
天辺の直前、一応自分でオーリーを入れた(つもり)。そしてテイクオフ(笑)。次の瞬間(いや正確には1,2秒後か)に、自分の立ち位置というか姿勢というか、そいういうものが一切分からなくなった。さらに1,2秒が経過。自分にとっては永遠にも感じられた気がする。「あれ?まだ地面に着かないの?」「え?まだ?」「まだ?」って、少なくとも3回は「まだ?」と思った記憶がある。
●ガーン!
そしてランディング。ただし、腰から(笑)... って、笑い事じゃなかったんやけども。あの瞬間、ホント自分にとっての主観時間というものが通常の10倍くらいに感じられた気がする。だって、腰から落ちた瞬間、「あ、次は頭を打つな。でもメットしてるから大丈夫だな。よかった」と、この通りの思考プロセスを経たんだもの(^^)。そして次の瞬間には思ったとおり後頭部を打った。そして斜面をズルスルと滑っていき、「あ〜、止まれ、止まれ〜」って必死でエッジを立てようとした。
●おぼろ〜
そして何とか止まり、友人が寄ってきた... んだと思う。その声を聞いたような聞かないような... そこで記憶が途切れる。次の記憶は... ナンかバスに乗ったような。どうやら五竜へ戻るのにバスを使ったらしい。そして... 気づくと五竜とおみゲレンデから駐車場へむかう道すがら。クルマへ着いて、着替えを始めた。
●記憶、喪失
後で聞くと、どっかでメシを食ったらしい。ワタシはカレーを食べたが、「お金がない」と言って友人に立て替えさせたそうな。え?だってクーポンは?使わなかった?当然NOである。ん〜?でもな〜、その頭を打った事件は昼前のはず。そして休憩をかねて昼を食べた。で、帰りは高速のETC割引を使ったんだから、少なくともついたときは5時を回ってた。逆算すると白馬を出たのは3時から4時... 昼を食べるところからクルマに戻るまでの記憶が... いっさい、ナイ。ま・じ・でナイ。
●慢心した!
とにかく、今をもってなお午後の記憶がないんだけども、まぁ、なんとか無事に帰ってこれただけでも喜ばにゃなりますまい。友人には迷惑をかけた。グラトリに手を染め始めたばかりのバリバリの初心者(しかも始めて)のクセして、「中級コース」と書いてあったキッカーに挑んでしまったのだから、これは無謀と言われてもしかたがない。
●トーシロウが!
改めて47のサイトを見てみたところ、「フリーライドキャンプ」なんてのがあった。しまった!こんなのがあるんだったら、ちゃんと教えてもらうんだった... 今度こそは... って、多分今シーズンはもうムリだろう。打った腰がかなり痛い。おそらく治癒には1,2週間はかかるのではないか。帰りに馴染の接骨院に直行したのだけれども、どうやら「ボードでケガ」仲間がいたようだ。そのヒトはビテイコツを折ってしまったそうな。普通には座れないから、専用の座布団をいつも携帯してるんだって。そこまでならなかっただけでもヨシとせねば...

2008.01.01 新年初!
●あけおめ!
えーと、この記事を書いているのは、松も明けた1/8なんですが、ちょいと話はさかのぼりまして... 元旦そうそう今季の初すべりをタンノーしてきましたのでご報告をば。
●何年ぶり?
今回行ってきたのは「牛岳温泉スキー場」です。いやま〜、懐かしい。(自分の中の)ホームゲレンデを雷鳥バレーに移して以来... つか、一昨年“久しぶり”と言ってたイオックスアローザ以上に久しぶりな気がします。
●おおッ!?
結構様変わりしてました。 ●近いし...
ICチケットになってたお陰で(?)「3時間券(\2,500)」という枠が設定されてました。元旦午後からちょっといってすべるというのが可能になってよかったっすね(今回同行した友人によると、これはもう何年も前からだそうですが)。
●初めてにしては
さて、状況はさておき初すべりの成果はといえば... 「去年よりヘタ」の一言につきますね(^^;)。去年がチョーシ良すぎただけという説もありますが、こんなはずでは、というのが正直なところ。しかも、結局クワッド5本しか滑ってないし... ま、初回ですから体慣らしというところですよね。いきなりガンガンに滑るほど体作りもしてませんし(←誰にイイワケしてんの?^^)
●寒かった〜
それにしても寒かった。午後2時前くらいから滑り出したのですが、悪天候で視界が悪く吹雪いてさえいるという... なんたって顔の左半分が凍りそうに冷たくて、下まで滑るのに冷たさに我慢できなくなるほど(ゴーグル持ってなかったのも大きな要因)。そのため向きをスイッチして滑ったりしましたが、グラトリ以外の意味でフェイキー滑走が実用的に役に立ったのは初めてです(^^)。
2008.01.04
●なにゲに...
今年はどうしてしまったというのでしょうか。早くも2回目のゲレンデです。いつになくペースが速いです。ホントは6日あたりと思ってたんですが、寒波が去るということだったので、例によって悪天候を覚悟の上で出動しました。
●北陸道をひた走り
富山県内が雨っぽかったんでチョイと遠出すれば雪が降ってるかなと、今回は「シャルマン火打」へ。去年の日記を読み返して見ると、小杉ICから高速に乗った場合糸魚川ICで一旦降りないと(ETC早朝割引対象の)100kmオーバーしてしまうとありました。
●裏ワザ情報
今年もそうするつもりだったんですが、なんと!今回同行した友人が「ETCカードを2枚使えば全線割引対象になる」と言い出しまして。これはナンともコロンブスの卵といいますか...(ひょっとして常識っすか?^^)。糸魚川ICで一旦降りて乗りなおすときに別のETCカードを使って乗り、結果片道料金が1,500円となりました。ヤッホー!(^^)
【補足】「別のカード」といっても怪しいものじゃありませんョ。その友人はカード会社2社でそれぞれETCカードを作ったというだけです。知り合い同士で出し合うというのでもOKですね。ただし、高速料金は区間が長いほど自動的に(距離単価的には)安くなっていきますから、乗ったり降りたりをヘタに繰り返すと返って高つくそうなのでその点に注意。
●とうちゃ〜く
さて、ようやく着いてみるとナントカ小雨から雪に変わっておりホッと一安心。そして... あれ?ナンか除雪車が駐車場にバリケードを作ってる... なんで半分しか使わせないのかなーと思いつつ支度してリフト券売り場に行ってみて納得。そーか、今日は平日だ!(←今頃気づくなっての^^;)。一日券に食事と温泉入浴券がセットになってるパックが、平日料金4,000円也〜。
●滑って転んでバージンスノー!
ここシャルマンの目玉のひとつが「非整地コース」です。今年はどんなパウダーが待っているか、と胸を躍らせながらのチャレンジだったのですが、結果はがっかりでした。というのも、下側の一部のコースを除き、上側のコースほとんど全てが「未整地コース」だったからです。
●似て非なるモノ
「非整地」と「未整地」... この違い、わかります?つまり昨シーズンまではきちんと圧雪され整えられていたはずのコースがほとんどただ放置されてたんですよ。何度か来た経験のある私ですら「コースはどこだ?」と戸惑うことしきり。そう思ったのはワタシだけではないようで、周りの他のボーダーたちからも「どこへ行けば?」という声が結構飛び交っていました。
●単なる手抜きだよ
平日で人影がまばらだったこと、悪天候で視界が悪かったこともあるでしょうが、これでは「非整地コースを楽しむ」というより単に「整地の手間を省いた」だけですね。コースには、申し訳程度に「立入禁止」などの表示は立っていますが、現実に戸惑ってるんですから要するに整備不十分なんです。ホントがっかりでしたね〜(-.-)=3
●あれっ?!
ともあれ、シーズン2回目ともあって体慣らしは早々に済ませ、ちょいとグラトリの練習をば。前回割と調子がよかったと思ってたんですが、ここで驚愕の事実。ナンと「フェイキーができない」ということが判明。正確にはフェイキーからのターンができないというべきですかね(特にフロントサイド)。ある程度斜度があれば、勢いに任せてなんとかなるんですが、緩斜面ではまずムリ!ボード1年目の初心者のような滑りで...(あ、自分の名誉のために補足しときますが、レギュラースタンスの方は一応問題ありませんでしたので念のため^^;)
●れっつコソ練
コレは、一度インストラクターさんに見てもらわなきゃダメっぽいっすね。自分じゃ何が悪いのかサッパリ分かりませんでした。次は一人でこっそり雷鳥バレーに行くか!(でも一人は危ないっすよねぇ。ジレンマだワ...)
2008.01.14
●ベストコンディション!
三連休の最終日、実にいい日でした。気温が低く雪がちらついているものの、ほんのわずかのことで風もなく... そこでぇ、行ってきました立山山麓スキー場〜!ホントはコソ練として、レッスン受けたいところなんですが、やっぱ危険回避のために再び友人と二人連れ。
●年相応に(^^)
現地着は8:30前ぐらい。1日券にするかどうか... ま、まだまだ体力戻ってませんから、ここは4時間券でしょ。発券は8:40ころだったと思うんですが、13:30までの券をくれました。5時間近い?!サービスいいっすね。
●いい雪や〜
1発目、ゴンドラで頂上へ。キュッキュと鳴るいい雪!それだけで思わずニヤニヤしてしまいます。以前に同じことを書いたことがありますが、いい雪だと自分の腕が上がったかのような錯覚を...(^^;
●骨盤がッ!
調子に乗ってコブ斜面を攻めていると、当然何度となく転びます。そのうちの一度に過ぎないことではあるのですが... 思いっきりオシリからおちて、その場所は薄い新雪層の下が氷の塊でした。痛ェのなんのって!瞬間脳天まで痛みが突き抜けましたね。
●暗黙の...
話はかわりまして、ここ立山山麓スキー場は、雷鳥バレー側がボーダーより、極楽坂側がスキーヤーよりという傾向がある気がしていました。どちらかといえば、という程度ですが、極楽坂にはスキーのジャンプ台があることと関係があるのかもしれません。
●あら?
ところが今年は... いえ、やはりそういう傾向はあったと思うのですが、その中でグラトリを決めるようなタイプのボーダーは、逆に極楽坂側で散見された気がします。極楽坂側の方がそういうワザを試しやすいんですかね。
●あら〜
そんななかで、今のワタシと同じレベルと見受けられるボーダー(失礼かな?^^)の滑りを観察していると、スライド180ばっかりだとあんましカッコよく見えないという事実が判明しました!(^^)。やっぱ、ホンモノの180(オーリーで体を浮かせたところで体を入れ替える、とワタシは解釈してますが)をキメないとね。
●後日談
一応安全策をとって、余裕をもった滑り&休憩をしていたつもりだったのですが、先の2回ではなかったキョーレツな筋肉痛が、次の朝ワタシを襲いました。牛岳やシャルマンとの違いは斜度... ですかねぇ。
2008.02.03
●例によって
十分な雪の中、今季初の県外スキーへ。県外といえば、白馬五竜!馴染のゲレンデですが、去年は記憶喪失事件があったりとか、少々験が悪いかな...
●若者たち
今回は、約1年ぶりの再会となる友人Y君とともに。記憶喪失事件のときに同行していたのが彼であり... そのときには迷惑かけました。今回Y君は友だちのT君を同行しました。実は彼らは一回り以上歳が離れているんですがね、いや〜若いっていいなぁ...
●いやいや
一応言っておきますが、彼ら二人は男性ですので念のため(...って、逆に誤解されそうカナ?^^)。ともあれ、聞けば彼らは前日別のゲレンデのナイターに行ってたとか。それでも普通にスイスイ滑ってる。げ、元気やなぁ〜!!
●つ、ついて行けん...
Y君は、去年と同じく47のスノーパークで、キッカーを攻めまくってました。そう、記憶喪失の原因となったアレです。誘われましたが... ダメ!ぜぇったい!身の程を知れってんですよね>己。
●くる?
Y君と違って、T君はボード初心者。Y君に誘われて今年から始めたとのこと。じゃあ、ボード歴5年の、このワタシがコーチしてあげましょう。はっはっは!(←ナニサマじゃ^^)。というワケで、T君はワタシに同行し、通常ゲレンデで練習。
●先に...
みてあげるとやっぱり後傾気味で、加えてフロントサイドのターンができず、谷側を向いた状態から山側に向き直ることができない。で、どうしているかというと... 木の葉落とし(^^)。とにかく両方のターンができることだと、コーチしてたんですが... 先にダウンしたのはワタシでした(T_T)。
●なかなか新鮮
...とまぁ、そんなこんなで無事帰還したんですが、この何年か、いわゆる若者世代と交流がなかったこともあり、なんか新鮮でしたね〜(^^)。元気をもらった気がした一日でした。
2010.01.04
●2シーズンぶり!
昨シーズンは暖冬でなかなか雪と余暇のタイミングも合わず、結局一度もゲレンデに立つことはありませんでした。今シーズンは昨年末の寒波のおかげでスキー場関係者も喜んでいることでしょう。ということで!正月休みがちょっと長くとれたこともあって2シーズンぶりにゲレンデへ向かいました。
●平日なのに
ひさびさマイホームゲレンデの「立山山麓スキー場」へ。どうせ1日滑れる体力もないので、10時ごろ現地に到着。平日だというのに駐車場は9割方埋まっていました。4時関券を買おうと思ったら「平日ですから1日券でも同じ価格(\3,000)です」とのこと。当然ソッチを購入。
●平日だから
早速ゴンドラに並ぶ。ゲレンデにはそれほどヒトもいないのに乗り場建物外まで列が。え?っと思ったら、他のペアリフトなどが動いてなくて、客はゴンドラに集中。10分ほどの待ち時間があった気が。せっかく平日に来たのに〜、と憤慨したんですが、そうやって強制的に休憩させられるくらいでちょうどよかったっす(体力的に)。
●ムリは禁物
結局ゴンドラ5本にリフト1本で3時ごろには撤収。トシもトシなんで、ちょっと負荷がかかったかな、ぐらいで止めとくのが得策ですよね。またの機会を楽しみに...
2011.02.12
●備忘録
立山山麓スキー場へ。例によって4時間券。
2012.01.29
●備忘録
タカンボーへ。えらいヒサビサ。午前半日のみ。半日券って、時間が縛られるのがやっぱ不便やな。立山山麓スキー場のシステムは秀逸だ。
2016.02.14
●備忘録
2シーズンぶりにスキー場へ。ヒサビサの牛岳温泉スキー場。前にはなかった(と思う)3時間券があった。クワッド5本で何とか元取り。
2017.01.29
●備忘録
牛岳温泉スキー場へ。駐車場を見て不思議な現象が。なぜかスキー(スノボ)キャリアを搭載している車がほとんどいない(せいぜい10台に1台くらい)。なんでだろ?みんなスキーやスノボをどうやって持ってきてるんだろ?
2017.02.19
●備忘録
タカンボーへ。えらいヒサビサ。やっぱり半日券しかない。めっちゃ不便やな。身内の幼子にスキーのコーチ。為に自分もレンタルスキーを履いたが、3本滑って足がつりかかった。回数券で十分だったorz。