安心・安全への取り組み

運輸安全マネジメント

1. 輸送の安全に関する基本方針

(1) 代表者は、輸送の安全が、事業の基本であると深く認識しつつ、社内における輸送の安全確保に対し、主導的役割を果たします。また、現場の安全状況の重要性を認識し、社員に対して、輸送の安全確保が最重要であるという認識の徹底を行います。

(2) 輸送の安全の為の見直しと改善を、継続的に実施します。
 〈安全方針〉
  ●安全は、すべてに対して優先
  ●安全法令や規則の遵守
  ●安全管理の継続的な改善実施

2. 輸送の安全に関する重点施策

(1) 全従業員の安全確認の向上を図る。

(2) 交通安全関係法令を遵守し、事故防止を図る。

3. 輸送の安全に関する目標とその達成状況

 平成30年度目標
  ●無事故無違反の達成
  ●有責事故をなくす
 平成29年度の達成状況
  ●無事故無違反 0件(達成)
  ●有責事故 0件(達成)

4. 事故に関する統計及び行政処分(平成29年度)

●自動車事故報告規則2条に規定する重大事故(死傷、衝突、転落等) 0件
●その他軽微な事故 0件
●行政処分はありません。

5. 輸送の安全に関する計画

(1) 健康管理について
  ●定期診断を実施し、有所見者の受診の徹底を図る。
  ●アルコール検査の徹底と服用薬の確認をする。

(2) ヒヤリハット情報の報告と活用
  ●点呼時における情報の収集活動
  ●事故防止の会合の開催時の報告及び対策検討

(3) 社員教育の実施
  ●事故惹起者への個人指導、管理者による添乗指導
  ●運行管理者・運行管理補助者研修の実施
  ●安全運転講習会の開催

(4) 輸送の安全に関する投資計画

●予算投資計画を定めて、安全に資する設備投資等を行い事故防止に努めています。

6. 輸送の安全に関する組織体制

安全管理体制(組織図)及び緊急連絡体制図を定めております。

7. 安全管理規程及び安全統括管理者

関係法令に基づいて安全管理規程の届出及び安全統括管理者の選任を行っております。

以 上 

  平成30年4月1日

チューリップ交通 株式会社 
代表取締役社長 納村 茂