トップページ
概   要
施 設 案 内
利 用 料
登 録 業 者
お問い合わせ
リンク先
アクセス
 

〒930-0095
富山市トヤマシ舟橋フナハシ南町5−9
TEL  076-432-5081
FAX  076-444-5347

 
 概  要 

 (株)富山美術倶楽部歴代社長    
初代 赤祖父武夫 赤祖父商店  昭和25年12月就任 昭和52年12月退任 
二代 結城 辰三 旧居髑ラ山堂  昭和52年12月就任 平成 3年 8月退任
三代 神 通   豊 叶_通静玩堂  平成 3年 8月就任   平成11年 8月退任
四代 結城 泰三 旧居髑ラ山堂  平成13年 8月就任  平成23年 8月退任
五代 吉江 康幸 吉江栄川堂  平成23年 8月就任  平成29年 4月退任
       
    富山美術商協同組合理事長  
初代 結城 辰三 旧居髑ラ山堂  昭和53年11月就任 平成 元年 9月退任
二代 下條 英俊 古美術 下 條  平成 元年 9月就任  平成11年 9月退任
三代 吉江 康幸 吉江栄川堂  平成11年 9月就任  平成23年 9月退任
四代 棚田 英明 古美術 たなだ  平成23年 9月就任  現 在
 
 1,




2,



3,

4,
 昭和25年12月14日 富山市鍛治町30番 資本金1,200,000円にて主に地域
 の美術商の為の書画・骨董・その他新古美術の展観、入札、競り売、等の会場とし
 て、又美術品の振興並びに、美術品愛好家の拠り所として、且つ又美術商の向上
 育成の為にその他、地域の文化事業の発展の為に会場を使用する事を目的に設
 立致しました。
 昭和40年7月よりは富山市舟橋南町5−9富山県経営者協会の土地建物を購入
 し本店を移転する。
 購入に際し、39年40年と3回の増資を行ない資本金を18,000,000円とし、旧
 の本店を売却し。その資金となした。
 昭和53年5月には当本社社屋の立て替えに伴い資本金を54,900,000円に
 増資を行ない同年10月に新社屋が完成、現在に至る。
 富山美術商協同組合は兜x山美術倶楽部新社屋完成に伴い、倶楽部設立の
 主旨を円滑に行なう為と美術商の自主的な経済活動を促進し、その経済的地位の
 向上をはかる為に設立致しました。

 倶楽部の業務は、お茶会・着物展示会及び組合の行なう交換会を行なう為に会場
 を賃貸する事が主な事業内容です。 交換会に関する業務は組合が行なっています。
 

美術富山県人会
      昭和39年に初回行なう。前年神通氏の88才の交換会を海老亭にて行なわれ
      それを記念して10月30.31日に交換会を行なうように成った。

 倶楽部交換会
   同年頃、春の交換大会として4月14.15日におこなっている。

 富山美術青年会
   平成元年設立、毎年3月12日に交換大会と11月頃に正札会をと2日間行っ
   て いる。(正札会については倶楽部も後援)

 富山会
   昭和61年1月より毎月25日交換会を開催している。

後援事業

  日本陶磁協会富山後援会
    昭和28年9月に当地にて支部を発会、その時に当倶楽部の初期の目的で
    ある美術品の振興並びに、美術品愛好家の拠り所として当倶楽部内に事務
    局を置きその活動を後援する事になった。

  富美茶会
    平成5年に倶楽部・組合役員及び美術品愛好の有志の方々により地域への
    茶道文化振興.発展の為、又地域への還元の為発足これを後援する。

  21世紀展
    昭和61年以前は五都展、平成12年迄は現美展といい、五つの倶楽部が主催
       した日本画・洋画・工芸品の展示入札会。実質的な後援事業です。

  日本海アートオークション


布奈庵茶会
   平成18年に倶楽部・組合役員及び美術品愛好の有志の方々により地域への
       茶道文化振興.発展の為、又地域への還元の為発足これを後援する 。
   Copyright (C)2014 ToyamaArtClub. All rights reserved.