農業組合法人サカタニ農産/契約栽培・ワールドエース
サカタニ農産トップページサカタニ農産のご紹介私達の生産体制こだわり農産物について会社案内
サカタニ農産のご紹介
二人のお客様に喜ばれる米づくりを
私たちには、二人のお客様があります。
一人は、 農地を貸してくださる農家の方々
もう一人は、 お米を買ってくださる消費者の方々です。
どちらも私たちにとっては大切なお客様です。
ですから、 「どちらのお客様からも喜ばれる米づくりをしたい」
これが私たちの追及している 農業理念 なのです。
サカタニ農産の紹介
サカタニ農産のご紹介
我々は 富山県西部の散居村で知られる砺波平野 を拠点とし、美味しいお米「ワールドエース」の栽培に挑戦しています。


昭和42年 初代代表 故酒谷実が2戸の農家から出発し、「農業は心を耕す産業であり、まずは人づくりが不可欠」と人材育成の大切さを信念に借地型大規模農業に取り組んでいます。


『農地の保全』
『担い手の育成』
『食糧の安定確保』
『土づくりを基本とした良質米の生産』
『地域に根ざした農業』
を目指しています。
【サカタニの特徴】 砺波平野を中心として約350ha510戸のお客様から農地を請負耕作する。
  • 従業員25名(平均年齢40歳)と若い力で魅力ある農業を目指す。
  • 独自の減農薬特別栽培基準でオリジナルブランド「ワールドA(エース)」(商標登録)を栽培し、契約小売店で販売する。
  • 田植から出荷まで100%自社で行う為、全てのお米に対し正確な栽培履歴がある。
▲PAGETOP
澄んだ空気、豊富な水、肥沃な土。農作物はこんな環境で育っています。
澄んだ空気、豊富な水、肥沃な土。農作物はこんな環境で育っています。

自然がいっぱいで、稲作が盛んな富山県。
そのなかでもサカタニ農産がある砺波平野には、田園地帯が悠然と拡がっています。

澄み切った空気、 五箇山からのきれいで豊富な雪解け水、肥沃な土という、農業をするには最適な環境の中、おいしいお米、野菜などを作るために、スタッフ一同たゆまぬ努力をしています。
冬の間五箇山に積もる雪 散居村
▲冬の間に五箇山に積もる雪が、春には砺波平野にきれいな水をもたらします。サカタニ農産は、農業をするのに最高の環境にあります。 ▲ 田畑の管理を容易にするために広まった村落形態だといわれている散居村。昔からサカタニ農産の周辺では農業が盛んだったのです。
▲PAGETOP
私達が作っています 〜 スタッフの紹介 〜
スタッフの紹介
『農作業に追われる毎日ですが、10年後にも残る商品作りを少しずつでもやっていきたいと思っています』

人を大切にする、地域を大切にする、全てを大切にする

サカタニ農産は「会社」ですが、作業そのものは普通の農家と変わりありません。1〜3月は年間計画や商品企画を立てる期間。3月〜5月は苗作り。6月から9月までは、朝5時から田んぼに出て水の管理。田植えを無事に終えた時や、畦草を刈り終えた時など達成感や充実を感じています。

農作業のほか、事務局という立場で新商品の開発なども担当しています。地元の醤油屋さんと共同開発した「にんにくソース」、腎臓に障害がある方を対象にした「低たんぱく米」、自社の完熟りんごを使った「リンゴジュース」など、異業種交流をしながらの商品開発に取り組んでいます。
スタッフの紹介
▲PAGETOP
◆地域社会との交流
澄んだ空気、豊富な水、肥沃な土。農作物はこんな環境で育っています。

産業展(旧福野町)への農産物の出展や、近隣小学校の学校田のお手伝いなど、私達の取り組みに少しでも触れていただく機会をもってもらえればと思っております。
冬の間五箇山に積もる雪 散居村
産業展(旧福野町)に出展の様子はこちら 福野小学校の学校田のお手伝いの様子はこちら
▲PAGETOP

HOMEサカタニ農産のご紹介私達の生産体制こだわり農産物について会社案内お問合せ

コピーライト